産後 ダイエット

ダイエットの停滞期を乗り越えて成功する秘訣
TOP PAGE >

出産で増えた体重を落とすための産後ダイエット

産後 ダイエット

多くの女性が、産後のダイエットの必要性を実感しつつも、生まれたばかりの我が子の世話が最優先になりがちです。
でもすぐにダイエット始めないと、そのままの体型になってしまうので、それも避けたいといった板挟みになってしまうのが辛いところです。
産後すぐに取り入れられるダイエットを実施することで、より早く体重とボディラインを取り戻すことができます。
産後に効果のあるダイエット方法として、多くの方に支持されているのが骨盤ダイエットです。
産後は特に骨盤が緩んでしまうので、通常の位置に戻してあげることで、お腹周りや腰回りがスッキリしてきます。
骨盤ダイエットを手軽に行うための道具や方法は、ネットや本て説明することができますが、バスタオル1枚でできるダイエットもあります。
仰向け姿勢で、尻の下にバスタオルを入れ、体を伸ばしたままで、手足も力いっぱい伸ばしましょう。
お腹をへこませながら5分間キープしますが、慣れないうちは短い時間からはじめて、5分を目標に頑張ってみましょう。
骨盤のダイエットは朝晩に1回ずつ行うことが理想ですが、育児や家事の合間など余裕のある時間に行っても問題ありません。
産後は何かと忙しいですが、生活リズムが落ち着いてきて、回数を増やすことができれば、その分だけダイエット効果も期待できます。
食事制限によるダイエットのようなストレスもなく、音楽を聴きながらリラックスしてできる方法です。
肩や腰が凝ったり、関節の痛みを感じやすいという人は、骨盤の歪みを矯正して、血液が流れやすい状態をつくりましょう。

産後の体が気になる時でも出来るダイエット方法

産後 ダイエット

妊娠すると赤ちゃんを守るため、どうしてもお腹や腰周りのお肉が付きます。
出産前までは体重が多くなるものですが、出産後に体重がすぐに戻るわけではなく、徐々に減ることが一般的です。
母乳がつくられるようになった分、出産後の体重は一時的に多くなることがあります。
産後に増えた体重を減らしたいと誰でも考えることと思いますが、気をつけなければならない点があります。
赤ちゃんを母乳で育てたいという人は、出産直後からカロリー制限によるダイエットをしていると、母乳に悪影響か出ることに注意しましょう。
産院の先生から、産後ダイエットをしても構わないと言われたタイミングで、ダイエットを始めましょう。
産後のダイエットをするのであればどのような方法が良いのでしょうか。
うかつに食事を少なくすると良質な母乳がつくられにくくなりますし、赤ちゃんがいる状態でジムや屋外での運動はやりにくいでしょう。
様々なダイエットがありますが、中でも酵素を摂取するダイエットは産後の制約の多い身体でも実行可能な方法です。
酵素を摂取することで、出産によって低下していた新陳代謝をもとの状態に回復することが期待できるのです。
体内に蓄えられている脂肪やカロリーを効率的に消費するために、新陳代謝の高い体質になるというものです。
ダイエットドリンクやサプリメントで酵素を効率的に摂取することで、産後の健康状態でも、ダイエットを行うことができます。

産後にダイエットするなら骨盤の修正をすること

赤ちゃんを産んだ後は太ってしまって、産後ダイエットをしなくてはいけないと思っている人は多いことでしょう。
体重が増加する要因は色々あり、妊娠中の体重増加は、カロリーの摂りすぎだけではありません。
子供を産むために骨盤に歪みが生じてしまったために、体重が減少しづらくなることがあります。
といっても、骨盤が開くことは出産をする上で、避けることはできないものでもあります。
出産を機に開いた骨盤が元に戻るようにケアをすることが、骨盤の歪みを正すためには必須のことになります。
一旦開いた骨盤をそのままにしておくと、体脂肪がつきやすくなって体重が増加することがありますので、気をつけましょう。
骨盤は時間が経てばだんだんと修正しにくくなるだけではなく、骨盤が歪んでしまうと体型までもが崩れるので注意しましょう。
産後に体重を減らしたいなら、骨盤矯正ダイエットからスタートするといいでしょう。
手軽にできる骨盤ダイエットの方法といえば、骨盤ベルトをつけることです。
骨盤ベルトを装着することによって、広がってしまった骨盤を歪むことなく正しい位置に修正してくれます。
赤ちゃんが生まれてから1週間以上がたって、体調が落ち着いたら、骨盤ベルトの装着を検討してみてください。
骨盤の歪みを矯正することと、出産後のダイエットは密接な関わりがありますので、実践してみてください。

ダイエット中でも健康な体を維持することが大切

健康とダイエットを両立するために、心がけておくべきことは一体どういうことでしょうか。
ダイエット効果を得るためにと、強引なダイエットをしていると健康を損なうこともありますし、精神的にもよくありません。
体への負担や精神的な苦痛の大きいダイエットはモチベーションの低下にもつながりますので、小さいことからコツコツ行いましょう。
短期間ダイエットという触れ込みのダイエット方法もありますが、健康的にダイエットをしたいなら気長に続けるのがよいでしょう。
消費するカロリー量が、摂取するカロリー量とちょうど同じくらいであることが、健康にはいい影響があります。
一日に食事で摂取するカロリーが、生命維持と、活動のために使うカロリーを足した量と同じくらいになることが大事です。
自身の体について理解を深めることが、ダイエットをする時には重要です。
夕食後に積極的に身体を動かす習慣がなければ、夕食は軽めでOKです。
カロリーの摂り方は十分に注意しましょう。
夕食や夜食を摂りすぎると睡眠時間に入っても胃が消化活動を続けていて体によくありません。
胃腸が健康であれば摂取した食物の消化が良くなり、その結果として便秘が減って、健康な体になります。
効果を急がずに、地道なことからコツコツと実践することが、ダイエット成功の糸口になります。
痩身と同時に健康にもいいダイエットをするには、自分の体質や食習慣にもっと関心を持つことです。

ダイエットを成功に導くためには生活習慣の改善を

最近では様々なダイエット方法がありますが、どの方法を試しても効果がでないという人がいるようです。
様々なダイエットにチャレンジしているけれど効果が得られない人は、生活環境に要因があることがあります。
無理なくダイエットが続けられそうな環境を構築することが、ダイエット成功の鍵を握ります。
例えば、お腹がすいているときに食料品などを買いに行くと、不要なものまで買い込んでしまいがちです。
意識しているつもりはなくても、空腹感から色々な食べ物が必要な気持ちになってしまって、買い物行動に反映されます。
あらかじめ買い物リストを用意しておけば、お腹が空いている時でも無闇やたらに買い込むことなく、いるものだけを買えます。
食べる順序を考えることもダイエット成功には必要で、食事の際に血糖値が急上昇する様な食べ方をしないことが一番です。
人間の体は、血糖値がいきなり上がると、調整するためにインスリンを分泌し、血糖値を下げると共に、糖を合成して中性脂肪にします。
食事では、炭水化物や脂質よりも、味噌汁や小鉢などの食物繊維や水分から摂取するよう心がけましょう。
急いで食べる習慣があると、脳が満腹を認識する前にどんどん食事を摂ってしまい、必要以上のカロリーを摂取することがあります。
ダイエット成功のためには、時間がかかってもしっかり咀嚼して食べる習慣をつけるといいでしょう。
ダイエットがスムーズに実行できるような生活環境を整えることで、成功率の高いダイエットを実践することができます。

サイトメニュー

ただいまの時刻


サイトメニュー


ダイエットに関心があり、産後・ダイエットをたくさん学びたいと思っている方や、何をすればいいのか困っている人にいちおしの情報を解説します。

Copyright (C) 2018 ダイエットの停滞期を乗り越えて成功する秘訣 All Rights Reserved.

ページの先頭へ