リバウンド ダイエット

ダイエットの停滞期を乗り越えて成功する秘訣
TOP PAGE >

ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

リバウンド ダイエット

ダイエット中に停滞期がどうしてあるのかを知ることで、リバウンド予防をすることができます。
身体に無理をかけてでもダイエットをした場合でも、ダイエット前の生活に戻すと、リバウンドしてしまうことがあります。
ダイエットの後でリバウンドするという事象を繰り返しているとて、ダイエットが思うようには進みません。
ダイエットをしていると、メンタルにストレスがかかりがちであり、ストレスの発散を食べることに求めるとリバウンドします。
過度なストレスのかかるダイエットを続けていると、継続自体ができなくなってしまいますので、何らかの方法でダイエット中のストレスを緩和することが重要です。
人間の体は、急激なダイエットをするとその変化に体を対応させようとして体質をつくりかえます。
これが停滞期の原因です。
一時的にカロリー摂取量を減らすと、身体はエマージェンシーが鳴り響くようになり、食事を得られなかった時に備えて新陳代謝を低下させ、できるだけ体内のカロリーを使わずにキープしようとします。
リバウンドの原因として、停滞期にダイエットが進まないことでモチベーションが低下し、過食やドカ食いをしてしまうことがあります。
レプチンというホルモンは、脂肪分が体の中に取り込まれると活動するようになり、お腹かいっぱいだと感じさせることができます。
ダイエットの最中に空腹感を感じやすくなるのは、脂肪の摂取量が少ないためにレプチンが分泌されないこともあります。
カロリー制限をやりすぎると、ストレスを感じながらダイエットに取り組むことになります。
そんな中で停滞期があると精神的にも追い詰められます。
今の体重の5%が、1カ月で減らして構わない重みです。
リバウンドのないダイエットをするには、時間をかけてこつこつと取り組むことがポイントです。

無理な食事制限はダイエットの挫折とリバウンドになりやすい

リバウンド ダイエット

運動や、食事制限によるダイエットをする場合、始めてからしばらくは体重が減っていきますが、以後はぱたりと痩せなくなります。
食事制限や運動などを行っているのにもかかわらず、体重が落ちて行かないと徐々にストレスが溜まってきます。
せっかくダイエットを続けているのに体重が減らなくなってしまうと、継続自体がつらくなります。
開始直後から少しずつ減っていた体重が、停滞期に入ってぴたりと減らなくなると、ダイエットを中止したくなる人もいます。
そうなると、食欲を抑えて食べたいものを食べずにいたものが、こらえていた分の反動がきて、つい食べ過ぎてしまうこともあります。
リバウンドしてしまうと、ダイエットを始める前よりも体重が増えて、そこから再びダイエットを行うモチベーションに持っていくのは大変なことです。
ダイエット中のストレスが原因で、食べ過ぎをセーブすることが困難になったりもします。
明日からダイエットを頑張ると思って、今日は食べ納めだと言って、食べ過ぎてしまう日が続いてしまうかもしれません。
思い立ったその瞬間からダイエットをスタートするくらいでなければ、リバウンドの大きいダイエットをまたすることになってしまいます。
極端な食事制限は避けて、体が必要としている栄養は摂取することで、ダイエット後のリバウンドは回避できます。
お腹がすきすぎると、ストレスがたまってリバウンドが発生しやすくなります。
朝はしっかり食べて、夕食は軽くするという食事のバランスが大事です。
夜更かしや睡眠不足は食欲を増加させてしまいますが、明らかにカロリーオーバーになってしまうので、十分に気をつけたいものです。

リバウンドしないための痩身方法とは

張り切ってダイエットに取り組んでも、方法が適切でないと、リバウンドなどでまた太ってしまいかねません。
食事の偏りに注意をして、適度な運動を習慣づけ、健康的な生活を通して体重を減らす痩身方法が、リバウンド対策になります。
減量のためにと、極端に食べる量を減らす人もいますが、食事制限のよる痩身方法は、リバウンドしやすい体質をつくってしまう可能性があります。
リバウンドの原因として考えられるのは、間違った痩身方法によって筋肉量が落ちて、体の代謝が減少してしまうことです。
筋肉がなければ脂肪を燃やすことができませんが、痩身のためにとたんぱく質を摂らずにいると、筋肉がやせ細ってしまいます。
筋肉の衰えを防ぐには、適度にたんぱく質を摂取して、筋肉を使う運動をすることです。
きつい筋トレをする必要はないので、ダイエットを目的としているならば、軽く汗をかくぐらいの筋肉の使い方をするようにしましょう。
ダイエットの基本は有酸素運動だともいいますが、無酸素運動は筋肉を強化し、基礎代謝の高い体をつくるためには非常に有効な手段となります。
筋肉がある程度ある体で有酸素運動をすることで、筋肉を使ってカロリーを燃やすことができます。
痩身を成功させるためには、ホルモンバランスを整えることも大切で、ホルモンバランスが乱れていると、脂肪が燃焼されにくい体になります。
身体のホルモンの状態を改善するには、ストレスを緩和し、健康的な生活を送り、深い睡眠を得るように心がけることです。
食物繊維や、乳酸菌を摂取することで、腸の働きを助け、便秘を解消し腸からの栄養吸収を円滑にすることができ、痩身へとつながります。

簡単にダイエットできる方法は本当にあるのか

ダイエットに関心を持つ人が多くなっていることから、簡単なダイエットを紹介するグッズや、方法を、テレビや雑誌で見かけます。
多くの人がダイエットがうまくいっていないと聞く中、簡単なダイエットは実在するのかと思うこともあります。
体質は人それぞれなので、ダイエット方法を統一しても、結果が出る人と、出ない人とがおり、正しい方法はありません。
ただし、一つだけ言えることがあります。
短期的な結果を求めても、ダイエット効果を得ることはできないということです。
どんなダイエット法でも、一定期間は途中で辞めることなく続けなければいけませんし、ダイエットが完了した後も、リバウンドしないための注意が必要です。
体重が減った後でも、引き続き努力をし続けなければ、ダイエットを始めた時以上の体重になってしまうこともあるでしょう。
ダイエットを成功させたいという意欲に乏しい人は、簡単にできるダイエットのほうが、やりにくいことがあります。
手軽にできるダイエットを自己流のやり方で頑張るより、トレーナーのついたジムに通ってトレーニングをしたほうがいいでしょう。
嫌なことでもやり遂げることができるという意思を持っているような人は、簡単にできる自宅でのダイエットを実際にやってみるのをおすすめします。
とはいえ、どういう方法でダイエットをしても、途中まではスムーズに痩せることができても、それ以上は痩せづらくなるラインがあります。
もちろん、理想の体重のためにその壁を超えるべく頑張っても良いのですが、体とよくよく相談しながら、ダイエットをすすめていきましょう。
簡単にできるダイエットだとしても、あまり頑張りすぎては体に負担がかかるだけでなく、途中で挫折しやすくなるので、無理は禁物です。

リバウンドしないダイエット法とは

ダイエット時にリバウンドしないためには、食のスタイル改善とメンタルヘルスのチェックが大切です。
リバウンドのないダイエットをすることが、最終的にダイエットを達成するためには必須です。
せっかく痩せることに成功しても、その後しばらくすると、体重が戻ってしまうケースをとても多く見かけます。
リバウンドのないダイエットができるように、あらかじめダイエットプランをつくっておくことが重要です。
短期間に、一気に痩せるようなダイエットをするとリバウンドが起きやすいので気をつけましょう。
短い期間で体重を落としたい場合、カロリー摂取量をぎりぎりまで減らす生活をすれば、痩せることができます。
しかし、こういった体に負担のかかる極端な方法では、痩せる生活習慣が身についているわけではないので、体重が戻ってしまう確率もかなり高くなります。
体質改善によるダイエットを実践するには、時間をかけることが大事です。
まずは、現時点で炭水化物や、甘いものをどれだけ食べていたかを把握して、健康維持に支障がない程度に減らすようにしましょう。
体に無理のない範囲で行うので、それほど苦痛もなく自然に痩せられるので、リバウンドもしにくい方法となります。
精神的に安定していることも、ダイエットの直後にリバウンドが起きないためには重要なポイントです。
精神的に行き詰まっていると、ストレスをなくすために食欲が強くなり、カロリーオーバーになってしまいがちです。
精神的なストレスが蓄積していると、ダイエットを続けることも苦痛になり、ますますリバウンドしやすくなります。
ストレスを減らす方法を実践したり、病院の診察を受けるなどの対応が必要です。

サイトメニュー

ただいまの時刻


サイトメニュー


このHPはダイエットについての情報が沢山あります。リバウンド・ダイエットについて興味のある方へ、とっておきの情報を説明します。

Copyright (C) 2018 ダイエットの停滞期を乗り越えて成功する秘訣 All Rights Reserved.

ページの先頭へ